消滅時効とは

売掛金の回収の上で忘れてはいけないのが、回収する権利のある期間には限りがあるということです。これを消滅時効といいます。売掛金の請求もせずに、あるいは支払いが滞っているにも関わらずその点での再請求などをせずに放置しておくと、この消滅時効の期限を過ぎてしまい、回収する権利すらなくなってしまうのです。こうなると当然、企業としては損失しか残りません。

この消滅時効を逃れるために債権者の側は時効の中断の手続きをして債権が消滅してしまわないように対策を講じなければなりません。この手続きをすれば、消滅時効の期限が近づいてきても時効を中断させることが可能となります。ただし、万が一時効を過ぎていたとしても債務者の側が時効の成立を主張しなければ債権が自動的に消滅するわけではありません。ですから、時効が過ぎてしまっても請求を行うことは可能ですし、債務者が支払いを行うことももちろん可能です。しかし、仮に債務者の側が消滅時効の期限を知っているなら、時効期間が過ぎた後の請求に関しては時効の成立を主張するのが普通でしょう。その場合はいくら正当な請求だとしても、回収する権利はなくなります。こうした事態を避けるためにも早期に弁護士に相談するのが良いでしょう。